ロングライドいったきり

DIYから始まった、バイクの記録です。

京丹波町 質美笑楽講へピザライド

f:id:HIRO32C:20180122073651j:plain

 はじまり

2018年になり初ライドは、積雪で六甲山登頂断念。

先週は、ディレーラーハンガー破損と長い距離を走ることができていませんでした。

土曜は日中いっぱい自由になりましたので、100km超えの距離を気持ちよく乗ろうと、丹波方面へ行くことにしました。

 

川西市 一庫ダムへの登り、先週はここでディレーラハンガーが折れました。

今日は大丈夫だ。

f:id:HIRO32C:20180120183655j:plain

北摂里山街道 豊能警察署田尻駐在所付近。

昨年秋の台風で国道173号線の通行止めのため、大型車がこの道路を多く走るので、ヒヤッとすることがありました。ご注意ください。

f:id:HIRO32C:20180120183704j:plain

ひいらぎ峠を越え、京都府亀岡市へ。

f:id:HIRO32C:20180120183721j:plain

南丹市を気持ちよく走る

南丹市園部町若森地区の橋の上から。

f:id:HIRO32C:20180122073620j:plain

いつもは、南丹市を走る時は、国道477号線の新世紀第2トンネルを通り、口人(くちひと)の交差点そのまま直進し、新世紀第1トンネルで、園部市街へ向かうのですが、今回は、口人の交差点を左折し国道477号線に進みます。

軽快に走ることができる道です。路面が痛んでいる場所があるので、注意しましょう。

f:id:HIRO32C:20180122073631j:plain

f:id:HIRO32C:20180122073637j:plain

京都府道453号大河内口八田線:中山峠を越える。

京都府道54号線から船坂の交差点を右折し、府道453号線で中山峠を越え、京丹波町へ向かいます。

これまで、国道9号線沿いの観音峠を越えていたのですが、このルートがあることを知ったので、どのような道か走ってみました。

f:id:HIRO32C:20180120183808j:plain

いきなり道幅が狭くなります。

うん、大型車は無理だな。

f:id:HIRO32C:20180120183816j:plain

林道っぽいですが、路面はいたって綺麗で走り易いです。

f:id:HIRO32C:20180120183822j:plain

f:id:HIRO32C:20180120183833j:plain

f:id:HIRO32C:20180120183844j:plain

ぐわっと、スピード感あふれる写真ですが、カメラの設定が絞り優先でブレているのです。

実測は推して知るべし。

f:id:HIRO32C:20180120183854j:plain

園部町が遠望できているのかな。

f:id:HIRO32C:20180120183901j:plain

峠の頂上付近

標高250mほどのようです。

国道9号線の観音峠と比べると斜度も緩く、車の通行がほぼないので、走り易いと言えば走り易いです。

ただ、舞鶴に向かっている場合などは、通過点として考慮すると、観音峠越えを選ぶと思います。

f:id:HIRO32C:20180120183910j:plain

中山峠からは、下り一直線です。

f:id:HIRO32C:20180120183934j:plain

京丹波町山陰道国道9号線)を西へ。

京丹波町役場付近で、国道9号線に合流。

丹波自然公園や丹波ワインハウスを左手に見ながら8kmほど進み、国道173号線で綾部方面へ。

丹波自然公園や丹波ワインハウスのいずれも、自動車で来たことがあったのですが、その時は遠いな、と感じたのですが、今回通過した時は、近いな!!と感じました。

感覚が常人からずれてきていますね。

f:id:HIRO32C:20180122084416j:plain

国道173号線京丹波町保井谷を右折。京都府道477号線へ。

(この交差点が京都府道477号線の西の端なんですね)

f:id:HIRO32C:20180122103449j:plain

なんとも登りごたえのある坂で前方に見えてきます。

f:id:HIRO32C:20180120183943j:plain

JAライスセンターの横を通り、峠を登り切ったら、質美(しつみ)地区です。

f:id:HIRO32C:20180120183951j:plain

質美笑楽講に到着。

京丹波町立質美小学校の校舎跡に到着しました。

ここがグルメスポットです。

kyotopi.jp

f:id:HIRO32C:20180122073711j:plain

建物への入口。昔なつかしい小学校です。

いろいろ見学しようと思いますが、とにかくお腹が減ったので、ランチに向かいます。

f:id:HIRO32C:20180120184018j:plain

そして、建物の奥に

www.pandozo.com

f:id:HIRO32C:20180122073655j:plain

f:id:HIRO32C:20180120184929j:plain

いろいろ迷った末、地元で採れた季節の野菜を使った、オルトラーナを注文しました。

いやあ、野菜が特に美味しいです。パスタメニューもぜひ、食べてみたい。

ぼっちのローディだと、たくさん食べることができないのが、残念ですね。f:id:HIRO32C:20180122073644j:plain

カフェメニューも充実しています。

f:id:HIRO32C:20180120184941j:plain

店員さんの背中のマークが可愛かったので、撮影させていただきました。

マスターとお話しすると、あまりローディーが足を運ばれていないようなので、ぜひ訪ねてください。

f:id:HIRO32C:20180120184924j:plain

お腹が満足したので、建物の見学。

f:id:HIRO32C:20180122073701j:plain

f:id:HIRO32C:20180122073706j:plain

生徒用のいすに座りましたが、こちらはまだ大きいサイズ。

低学年はもっと小さいですね。

f:id:HIRO32C:20180120184123j:plain

「廊下でバケツ持って立ってなさい!」という立たされバケツが置いてあります。

f:id:HIRO32C:20180120184113j:plain

f:id:HIRO32C:20180120184138j:plain

ある教室の黒板に、近くの八幡宮を紹介してありました。

うむ、行ってみることにしました。

f:id:HIRO32C:20180120184132j:plain

無限の住人ロケ地「質美八幡宮」へ行ってみた。

俳優木村拓哉さん主演の映画「無限の住人」のロケ地として、質美笑楽講からすぐの八幡宮が使われたということで、足を運んでみました。」

www.kyotamba.org

京都府道26号線のすぐ脇に鳥居があります。

f:id:HIRO32C:20180122073716j:plain

この八幡宮には巨樹が祀られています。

f:id:HIRO32C:20180122073722j:plain

参道は掃き清められています。

f:id:HIRO32C:20180122073743j:plain

f:id:HIRO32C:20180122073727j:plain

f:id:HIRO32C:20180122073733j:plain

お参りさせていただきました。

作家 内田康夫氏の浅見光彦シリーズで、きっと舞台になった場所じゃないかと思います。

僕の地元、奈良県吉野郡天川村天河神社によく似た雰囲気があります。

(ちなみに霊感は持ち合わせていません。)

f:id:HIRO32C:20180122073738j:plain

JR山陰本線沿いでGO!

質美八幡宮を後にし、京丹波町下山から、JR山陰本線沿いに進みます。

質美笑楽講からJR下山駅までは、直ぐの距離。

山間なので、橋りょうが掛かっています。

f:id:HIRO32C:20180122073748j:plain

橋りょうを通過する列車を撮影できればと思いました。が、先を進みます。

f:id:HIRO32C:20180122073754j:plain

高屋川橋りょう。

こちらはもっと立派な橋りょうでした。

f:id:HIRO32C:20180122073759j:plain

f:id:HIRO32C:20180122073804j:plain

JR下山駅からは、JR山陰本線沿いに進むルートで隣駅を目指します。

この区間は、牛舎や鶏舎がたくさんある、牧場区画なんですね。

道路は走りやすいのですが、残念ながら道路わきにたくさんゴミが捨ててあって雰囲気は台無しでした。

そしてJR胡麻駅に到着。

f:id:HIRO32C:20180120184427j:plain

ゾンネ・ウント・グリュック (Sonne Und Gluck)

ローディーには有名なパン屋さんで、店員さんからも「ボトルにお水をいれましょうか?」「あれがサイクリラックなので、使ってください。」など、丁寧な対応をいただきました。

f:id:HIRO32C:20180120184955j:plain

ですが、思った以上に質美から距離が近く、お腹いっぱいでクリームパンだけ買いました。

次は、お腹を空かせて、訪れますね。

f:id:HIRO32C:20180120184959j:plain

お腹いっぱいにない、気持ち満足だったので、ここからは寄居道せず一直線に帰宅します。

JR山陰本線沿いに、鍼灸大学前駅日吉駅船岡駅を過ぎ南丹市園部へ。

その区間は、道路は走り易く車も少なく走ることができるスピードで快調に飛ばします。

f:id:HIRO32C:20180122103458j:plain

園部から亀岡、能勢の峠の登りは、インナーに落として無の境地で走ります。

ひいらぎ峠からは、下り基調ですので、一庫ダムを通過し一直線に帰宅。

 

 

おしまい

2018年最初で、久しぶりのロングライドは充実したものでした。

メカニカルトラブルもなく、平均時速25kmで走りきることができました。

これも京丹波南丹市の走り易い道路のおかげだと思います。

質美笑楽講は、まだまだ(ローディにも)知られていない、穴場だと思います。

皆さんぜひ立ち寄ってください。

今回は、アクションカメラを導入して、撮影していました。

上手く、旅の記録が残せないか、試行錯誤しています。

 

悲報ディレーラーハンガー折れる!!そしてのむラボへ。

気温が氷点下のスタートでしたが、天気が良く気持ちよく走ることができました。

川西一庫ダムへの登り坂で、フロントディレーラーをインナーに落としたところ、ガツンと衝撃がありました。

なんと、リアディレーラーがリアホイールに食い込んでいました。

 

f:id:HIRO32C:20180114195230j:plain

f:id:HIRO32C:20180114195246j:plain

f:id:HIRO32C:20180114195252j:plain

チェーンを外し、リアディレーラーを取り外し、チェーンを直結して帰宅しようとチェーンをカットしたのですが、切りすぎてしまって、短くなってしまいました。

自宅まで、それほど遠くなかったので、バイクに跨り、左足で地面を蹴って、ケンケンの要領で帰りました。距離も5km未満だったのですぐでした。f:id:HIRO32C:20180114195309j:plain

続きを読む

新年初ライドは、六甲山登頂断念と五月山

f:id:HIRO32C:20180103152500j:plain

あけましておめでとうございます。

今年も怪我なく、ロングライドを楽しみましょう。

さて1月3日、初詣と親戚の挨拶が終わりようやく、ロードに乗る時間がつくれました。

そうだ、六甲山に登り、登ったぞーの写真を撮ることにしました。

(タイトルで結果はバレバレですが。。。。)

 

日が昇り始めた午前7時半過ぎは、雨音がしており、出発時刻をずらし、午前10時に出発。

まだ多田神社へ初詣される方が多くおられる多田大橋をスタート。

兵庫県道325号切畑多田院線を登り、宝塚市切畑の十万辻峠へ。
f:id:HIRO32C:20180103152353j:plain

切畑へ登ると、うっすら雪が積もっていました。

f:id:HIRO32C:20180103152403j:plain

十万辻手前のトンネル

生瀬までの下りは、路面がまだ濡れていることもあり、時折滑るので無理をせず、安全に下ります。

f:id:HIRO32C:20180103152410j:plain

阪急逆瀬川駅を越え、六甲山方面を望みますが、山頂はガスで真っ白です。

f:id:HIRO32C:20180103152416j:plain

甲寿橋交差点を過ぎ、旧道へ。

f:id:HIRO32C:20180103152427j:plain

旧道から挑む山頂付近は真っ白です。

f:id:HIRO32C:20180103152433j:plain

旧道から、盤滝トンネル東の交差点。雪が舞い始めました。

f:id:HIRO32C:20180103152439j:plain

盤滝トンネル東交差点の気温の表示が零度になっています。

その手前で、自動車にチェーンを巻いている方もおられます。マジか!!

f:id:HIRO32C:20180103152445j:plain

相変わらず、六甲山の上りはきついです。

f:id:HIRO32C:20180103152454j:plain

ガーミンの標高表示が600m付近で、下ってこられたローディーの方が居られてので、上の様子はどうですか?とお聞きしましたら、宝殿インターチェンジから先は危ないので、引き返しました。とのことでした。

f:id:HIRO32C:20180103152500j:plain

これは無理だな、と引き返すことにしました。

ついでに写真を撮ってもらいました。とっても楽しそうです。

いや、楽しいのですけどね。

f:id:HIRO32C:20180103152508j:plain

twitterを見るとフォロワーのkazu.tさんが一軒茶屋まで上がっておられました。

これを見た時は、登ればよかった。と思いましたが、絶対にステーン!!とこけるイメージがあったので、この判断は間違っていなかったと思います。

あと20歳若ければ、、、、

 

 逆瀬川まで下るとまあ、いい天気!!

f:id:HIRO32C:20180103152513j:plain

うむーー、消火不良なので、五月山ドライブウェイに登ることにしました。

f:id:HIRO32C:20180103152524j:plain

秀望台にて。

記念撮影してもらおうと思いましたが、誰もいない、、、

この後、風でロードが向こう側に倒れ、フレームに傷がつきました。

暖かくなったら、タッチアップせねば。

f:id:HIRO32C:20180103152528j:plain

冬!!っていう眺望ですね。

f:id:HIRO32C:20180103152533j:plain

愛宕神社にお参りすることにしました。

前を通ることはありますが、境内に登るのは初めて。

f:id:HIRO32C:20180103152539j:plain

五月山での安全を祈願させていただきました。

f:id:HIRO32C:20180103152545j:plain

f:id:HIRO32C:20180103152550j:plain

墓苑の駐車場まで来ると、また雪がちらほら。

引き返すことにしました。

f:id:HIRO32C:20180103152555j:plain

猪名川沿いはいい天気で、気持ちが良いです。

標高が200m違うと天気もコロコロ変わるのですね。

f:id:HIRO32C:20180103152600j:plain

f:id:HIRO32C:20180103152604j:plain

というような、のんびりした初ライドでした。

 

 

【自転車パーツ】MAGENE Dual Modes Speed Cadence Senser取り付け

f:id:HIRO32C:20180102202052j:plain

ケイデンスセンサーとスピードセンサーが欲しいと考えていたところ、「えふえふぶろぐ」さんが紹介されているセンサーを購入していものをようやく取り付けました。

到着は、12月半ば、注文から2週間掛かりました。

ff-cycle.blog.jp到着は、12月半ば、注文から2週間掛かりました。

中国ブランドのスマホやガジェット通販サービスで売られているセンサーです。

www.gearbest.com

f:id:HIRO32C:20180102202052j:plain

パッケージには、センサー本体とスピードセンサー使用時のアダプターとケイデンスセンサー使用時のアダプター、取り付け用ゴムが大小2個ずつ入っていました。

 

ボタン電池を嵌めるとスイッチが入り、スピードセンサーとケイデンスセンサーに切り替わります。

なので、センサーは2個購入しました。

赤と緑に点灯するのですが、どちらの状態がスピードセンサーかケイデンスセンサーかわからなかったのですが、説明書も入っていないし、、、

センサーの裏側をよく見ると書いてありました。

 

f:id:HIRO32C:20180102202105j:plain

電池は、片側のパッケージの電池は絶縁シートが貼られていたのですが、もう片方は貼ってありませんでした。

なので、手元にあったボタン電池を使うことにしました。

f:id:HIRO32C:20180102202111j:plain

ガーミンEdge520Jでは、あっさり認識されました。

外は真っ暗だったので、明日のライドのお楽しみとします。

 

2017年走り納め

f:id:HIRO32C:20171231131152j:plain

新名神川西インターチェンジ付近を散策。

超激坂を発見したので登ってみました。

f:id:HIRO32C:20171231131159j:plain

登りきることは出来ませんでした。勾配が34.5%とか無理ですやん。

f:id:HIRO32C:20171231220722p:plain

f:id:HIRO32C:20171231131205j:plain

オーメストグランデ<ミュウメ>とコルナゴの2台を組み立てることが出来た2017年。

来年はそれぞれで楽しみたいと思っています。

f:id:HIRO32C:20171231131215j:plain

 

【ウォーキング】京都にて忘年会。粟田神社と南禅寺水路閣

f:id:HIRO32C:20171231130737j:plain

【目次】

はじまり

京都の住まわれている恩師を訪ね同期と忘年会を企画しました。

早めに京都に行き、何処かを巡ってみようと、京都駅に降り立ちました。

列車でtwitterを眺めていたましたら、この記事がアップされていました。

kuota.cocolog-nifty.com

粟田神社の自転車守りを目指す。

京都駅から歩いて行ける粟田神社に行くことにしました。

五条大橋から鴨川を眺める。

f:id:HIRO32C:20171231130534j:plain

鴨川の遊歩道に降りてみました。

hiro32c.hatenablog.com

上賀茂神社から淀川サイクリングロードで帰宅する時に、通りましたね。

寒いので、歩いておられる方も少ないです。

f:id:HIRO32C:20171231130608j:plain

四条から花見小路を覗いてみました。外国人の方が多くおられました。

f:id:HIRO32C:20171231130628j:plain

丸山公園を通り、粟田神社へ。

awatajinja.jp

スサノオノミコト・オオナムチノミコトを主祭神として祀り、厄除け・病除けの神と崇敬される。京都の東の出入口である粟田口に鎮座する為、古来東山道東海道を行き来する人々は旅の安全を願い、また道中の無事を感謝して当社にお参りされ、いつしか旅立ち守護・旅行安全の神として知られるようになる。

 

なかなかの坂です。

f:id:HIRO32C:20171231130639j:plain

本殿にお参り。

f:id:HIRO32C:20171231130703j:plain桧皮葺拝殿

f:id:HIRO32C:20171231130714j:plain旅立ち守護・旅行安全の神ということなので、自転車守りをおいてくださっているのでしょうか。

赤と黒を頂きました。一つはロードバイクに乗っている同僚に渡します。

f:id:HIRO32C:20171231131105j:plain

粟田神社の境内から眺める京都は趣があります。

境内からの眺め
境内からは叡山より愛宕山まで北山を望めます。ガイドブックには五山の送り火が全て見えると書いてある物もあるそうですが、そうでもありません。五山の送り火の際には船形、左大文字は正面にご覧いただけます。妙法の妙の字は京都大学の新校舎でほとんど見えなくなりました。右の大文字は元から半分くらいしか見えません。鳥居は探せば見えるかもしれません。

ぜひお立ち寄りください。

次なる目的地は、南禅寺水路閣にしました。

こちらのブログの投稿を拝見して、ぜひ行ってみようと思った場所です。

cyclist.ldblog.jp

南禅寺の手前に、琵琶湖疎水記念館がありました。

時間があれば訪ねてみようと思います。

蹴上インクラインというもの、傾斜鉄道というもの。

f:id:HIRO32C:20171231214024j:plain

f:id:HIRO32C:20171231213745j:plain

南禅寺の正門

臨済宗大本山 南禅寺

f:id:HIRO32C:20171231214056j:plainアーチ型橋脚の水道橋

f:id:HIRO32C:20171231214106j:plain

観光客の方が多いですね。

その理由もよくわかりました。

f:id:HIRO32C:20171231130726j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130737j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130748j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130757j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130815j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130833j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130843j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130851j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130857j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130903j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130909j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130916j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130924j:plain

f:id:HIRO32C:20171231130932j:plain

一通り見学して、集合時間が近づいてきたので、切り上げて地下鉄蹴上駅から集合場所へ移動しました。

 移動範囲は狭いですが、京都の徒歩もいいものですね。

そして、北陸限定販売だと聞いていた、「ルマンドアイス」がコンビニで売られていたので、買ってみました。

f:id:HIRO32C:20171231131116j:plain

京都限定アニメが、期間限定で上映されているのですね。

観てみたいですが、京都に住んでいないと見れるような時間じゃないですね。

f:id:HIRO32C:20171231131131j:plain

 

2017年が終わる。知多半島にて。

f:id:HIRO32C:20171227080037j:plain

12月になり、まったく乗ることができていません。

週末に仕事でイベントに参加したり、ウィンターシーズンなので息子のサッカーの試合が盛りだくさんで観戦にいったりと、乗れていません。

先週末は、愛知県の知多半島の強豪校との試合があり、観戦に遠征しました。

 

知多半島でも、ロードバイクを多く見かけました。ここまで走りに来たいですね。

 

知多半島の日本一長い和菓子「大砲巻」の文寿庵にサイクルラックが置かれていました。

飴文-大砲巻総本舗-文寿庵-飴文-時志店

 

f:id:HIRO32C:20171227075952j:plain

曇天で景色はいまいちですが、穏やかな海ですね。

f:id:HIRO32C:20171227080023j:plain

f:id:HIRO32C:20171227080329j:plain

こちらは、安産の時志観音

さきほどの文寿庵の方に、景色がいい場所ありますか?と尋ねたら教えていただきました。

inunohi.com

f:id:HIRO32C:20171227080339j:plain

時志観音まのでは、激坂です。

f:id:HIRO32C:20171227080805j:plain

常滑市のイオンの招き猫

f:id:HIRO32C:20171227080839j:plain

セントレア空港で夕食をと足を運んだら、アイドルのイベントをやっていました。

f:id:HIRO32C:20171227080852j:plain

f:id:HIRO32C:20171227081124j:plain

そんなこんなで、ロードバイクに乗れず、2017年が終わろうとしています。では。