ロングライドいったきり

話し出したら長くなるのですが、近くの自転車屋さんが閉店してしまってしょうがないので、自分で修理を始めたら、意外とできるやん!!からロードバイクに手を出してしまいました。あ、簡単に書けた。。。

フロントシングルロード完成:海の日の猛暑ライド

f:id:HIRO32C:20180717153751j:plain


危険を感じる暑さですね。

日曜日の午後は時間があったのですが、あまりの暑さに出掛ける気分になりませんでした。

 

車庫でロードバイクの整備に費やしますが、汗が吹き出します。

フロントシングルのロードバイクですが、うまく組めたはずなのに、ガチャガチャ音がします。

チェーンがチェーンリングに当たる音かな、とも思ったのですが、あまりにもガチャガチャです。

チェーンの長さ??チェーンのテンション??いろいろ考えます。

f:id:HIRO32C:20180717152555j:plain

 

フロント42Tで、リアをワイドスプロケット34Tにしています。

bike.shimano.com

 

どこで、音がするんだろうと、スプロケを触ると、ガタガタ緩んでいます。

あれ?そんなはずはありえない??

いったんホイールから取り外して、再度取り付けますが同じです。

どうして緩むのだろう??と一考します。f:id:HIRO32C:20180717152618j:plain

そういえば、スプロケと一緒にスペーサーが入っていたな。

10s用のスペーサーかな、と思って箱にしまったのですが、

MTBハブボディに対応するための取り外し可能なスペーサー

これをロードバイク使用時は、使う必要があるんですね。

スペーサーをセットし、スプロケを取り付けます。

まったくガタがなくなりました。

一件落着。

バーテープも新しくし、ようやく完成しました。

実装重量8.3kgのアルミロードの完成です。

f:id:HIRO32C:20180717152609j:plain

 

 

そして、翌日の海の日。

引き続き朝からの猛暑です。

まったく長くライドするつもりはありません。

ストライドを兼ねているので、夜トレーニング30kmのコースを走りました。

f:id:HIRO32C:20180717150634j:plain

とにかく暑い!!

道の駅 いながわで、ソバソフトクリームを食べますが、この暑さだと、直ぐに融けてしまいます。

f:id:HIRO32C:20180717150643j:image

 

お昼前には、帰宅し、シャワーを浴び涼んだつもりでしたが、頭痛で昼からは横になっていました。

熱中症ですね。何人かのローディーとすれ違いましたが、熱中症には気を付けてください。

 

フロントシングルを組んでみた。

前回のライド以降、所用で遠出ができていないのですが、この間に新しいフレームが到着しました。

 

hiro32c.hatenablog.com

 

アルミフレーム>>アルミフレーム>>アルミフレームと乗り継いでいたので、次はクロモリフレームを考えていたのですが、なんの拍子か、ロングライド向きのカーボンフレームを海外通販で購入しました。

f:id:HIRO32C:20180710073307j:plain

 

で吉野の実家にあるアルミフレームのMasiを、友人に譲ることになりました。

代わりにアルミフレームのコルナゴを実家近辺の山道ライド用に持ってゆくことにしました。

 

現在コルナゴヤフオク3まんえん)にはi2コンポを組み付けてあるのですが、ライドの回数は多くないので、Di2はもったいないということで取り外し、おニューのカーボンフレームに移植することとします。

機械式のコンポが必要となりますが、手元にないため購入しなければないません。

f:id:HIRO32C:20180710073315j:plain

 

さてどうしよう(また無駄遣いをしてしまう。うひひ)折角なのでフロントシングルのバイクにしてみようと、パーツを取り寄せたものを、先日の大雨の週末に取付完了。

STIレバーはST-5800をヤフオクにて落札。

f:id:HIRO32C:20180710074053j:plain

フロントは、なぜか落札してしまったRotorの3DfクランクにWolftoothの42Tのナローワイドチェインリングを取り付けました。なんかカッコいい。

f:id:HIRO32C:20180710074109j:plain

リアは先日発売されたR7000シリーズのリアディレーラーRD-R7000-GSに最大スプロケット11-34Tを取り付けています。

これだとギア比1.24となります。

うーーん、インナー36T*リア30Tでギア比1.2だったから、フロントは38Tくらいがよかったかも。

ホイールは固い固い、ラチェット音がうるさいうるさい、Pro-Lite Bracciano A27にボリュームのあるSchwalbe One 25Cを組み合わせてみました。バランスよくなるはず。

f:id:HIRO32C:20180710074118j:plain

一先ず、完成としました。取付の調整や試行錯誤がめっちゃ楽しいです。

 

昨夜、夜間トレーニングのコースを走り出したのですが、リアの変速が上手くいかない、リアホイールがグニャグニャするな!と思ったらQRの締め付け不足でした。

リアブレーキのセッティングが上手くできていなかったので、このまま走ってもいいことないな、ということで引き返しました。

フロントシングルはケイデンス多めで走るスタイルが良さそうなので、シートの位置を上げることにします。

夜トレーニングはまた後日。

 

そんなことをしている今日この頃。

 

舞鶴北吸桟橋:護衛艦ひゅうが・護衛艦あたご

f:id:HIRO32C:20180621121810j:plainf:id:HIRO32C:20180621122004j:plain

 

舞鶴までのロングライドで、海上自衛隊舞鶴地方隊の一般公開で護衛艦を見学してきました。

 

hiro32c.hatenablog.com

 

ここを訪れるのは3回目になります。

本当は立ち寄る予定ではなかったのですが、ちょうど1年前のライドでは、対岸で整備していた護衛艦『ひゅうが』と護衛艦『あたご』が北吸桟橋に停泊していたので、見学することにしました。

hiro32c.hatenablog.com

hiro32c.hatenablog.com

 

護衛艦『ひゅうが(DDH-181)』 

www.mod.go.jp

 

f:id:HIRO32C:20180621122001j:image
f:id:HIRO32C:20180621121853j:image
f:id:HIRO32C:20180621121744j:image
f:id:HIRO32C:20180621122013j:image
f:id:HIRO32C:20180621121912j:image
f:id:HIRO32C:20180621121736j:image
f:id:HIRO32C:20180621121907j:image
f:id:HIRO32C:20180621121802j:image
f:id:HIRO32C:20180621121836j:image
f:id:HIRO32C:20180621121932j:image
f:id:HIRO32C:20180621121947j:image
f:id:HIRO32C:20180621121928j:image
f:id:HIRO32C:20180621121806j:image
f:id:HIRO32C:20180621121814j:image

f:id:HIRO32C:20180621121753j:plain

 

護衛艦『あたご (DDG-177)』

www.mod.go.jp


f:id:HIRO32C:20180621121847j:image
f:id:HIRO32C:20180621122008j:image
f:id:HIRO32C:20180621121740j:image
f:id:HIRO32C:20180621121842j:image
f:id:HIRO32C:20180621122017j:image
f:id:HIRO32C:20180621122024j:image
f:id:HIRO32C:20180621121758j:image
f:id:HIRO32C:20180621121749j:image
f:id:HIRO32C:20180621121951j:image
f:id:HIRO32C:20180621121955j:image
f:id:HIRO32C:20180621121831j:image

f:id:HIRO32C:20180621121939j:plain


f:id:HIRO32C:20180621121825j:image
f:id:HIRO32C:20180621121943j:image
f:id:HIRO32C:20180621121916j:image
f:id:HIRO32C:20180621121820j:image
f:id:HIRO32C:20180621121924j:image

f:id:HIRO32C:20180621121902j:image

 

おまけの写真


f:id:HIRO32C:20180621121857j:image


舞鶴へ行こう!ひゅうがとあたごとグルグル橋

f:id:HIRO32C:20180618074609j:plain

はじまり

ワールドカップ2018が始まったばかりなのですが、ライドの誘惑に負けて、ロングライドに出掛けることにしました。

スペーン対ポルトガルの神試合を午前5時に見終えて、そのまま走り出しました。

ロングライドということで、走り易い舞鶴を目指します。

舞鶴は昨年の8月以来となります。

 

hiro32c.hatenablog.com

ルート:能勢町亀岡市京丹波町綾部市舞鶴市 

ホームコースたる川西市一庫ダム沿いの県道604号線(北摂里山街道)を北上し、大阪府豊能郡能勢町へ。

そしてひいらぎ峠を越え、亀岡市に入ります。

先週末にチェーンとクランクを外し清掃し、変速を調整しましたら、きっちりフロントが変速するようになりました。

Rotor Qringsを使っているのですが、シマノ純正より変速がうまくいかないのは、そんなものだと思い込んでいたのですが、 間違いでした。ちゃんと整備すればここまで気持ちよく変速できるんだと、一年たって、やっとわかりました。

f:id:HIRO32C:20180618073914j:image

 

府道453号線で中山峠を越え、京丹波町

南丹市園部町では、国道9号線から観音峠を越えて、舞鶴へ向かっていたのですが、今年の1月に園部市船坂から府道453号線で中山峠を越え、京丹波町のルートを走ってみました。

 

hiro32c.hatenablog.com

 その時は、国道9号線の観音峠越えの方が舞鶴に向かうには適していると思ったのですが、この船坂の交差点へスムーズに至るルートがあったので、今回も中山峠越えとしました。


f:id:HIRO32C:20180618074230j:image

このような山の中の道です。
f:id:HIRO32C:20180618074214j:image

狭いですが、車は通りません。
f:id:HIRO32C:20180618074600j:image

峠を越えるまで、軽トラック一台に抜かれただけです。
f:id:HIRO32C:20180618074137j:image

二度目の今回はずいぶんスムーズに峠を越えることができました。

こりゃ国道9号線の観音峠越えより、ずいぶん楽です。これからはこっちを使います。前言撤回。


f:id:HIRO32C:20180618073954j:image

京丹波町京都縦貫自動車道の高架をくぐります。
f:id:HIRO32C:20180618073946j:image

国道9号線に並行して走っている道で、京丹波町役場前で国道9号線と国道27号線の交差点まで行くことができます。
f:id:HIRO32C:20180618074052j:image

国道27号線 京丹波町から綾部市

国道27号線を北進しています。石井食品などの大きな食品工場があります。
f:id:HIRO32C:20180618074542j:image

下山バイパスの手前です。

今回はバイパスを使わず、下山の町中を通ります。バイパスを通ると結構上りがあります。
f:id:HIRO32C:20180618073856j:image
JR山陰線 下山駅近くの鉄橋をくぐります。

高屋川鉄橋というそうです。
f:id:HIRO32C:20180618074326j:image

国道27号線を順調に進み、左手に鉄橋が見えます。記念撮影スポットですが、今回は素通りです。
f:id:HIRO32C:20180618074500j:image

 

国道27号線も綾部市に入り山家の例の橋に立ち寄ります。
hiro32c.hatenablog.com

 


f:id:HIRO32C:20180618074343j:image

そして綾部市から舞鶴市へ。

とりあえず最短で日本海まで。

ここまで93km 約4時間で到着しました。途中のローソン 京丹波升谷店で、補給とトイレ休憩でここまで来れるようになったのは、成長したと実感します。
f:id:HIRO32C:20180618074201j:image

 

舞鶴地方隊 北吸桟橋見学

舞鶴にも、しまなみ海道のようなブルーラインが引かれています。

これにそって進むことにします。

http://www.pref.kyoto.jp/chutan/kishin/images/1-2.jpg

京都「ゆラリー」サイクリングロード/京都府ホームページ


f:id:HIRO32C:20180618074124j:image

海と家が舟で繋がっているのが不思議な生活空間です。

山育ちには驚きです。
f:id:HIRO32C:20180618073950j:imagef:id:HIRO32C:20180618074609j:image


f:id:HIRO32C:20180618074222j:image

ブルーラインに沿って進むと、舞鶴湾の見下ろすことが出来たり。
f:id:HIRO32C:20180618074301j:image

高架があると思ったら、f:id:HIRO32C:20180618074105j:image

コンテナ専用島に渡るための高架でした。
f:id:HIRO32C:20180618074239j:image

で、ブルーラインに沿って進むと、舞鶴地方隊 北吸桟橋に到着。

休日の一般見学は10時より。

到着時刻は9時30分頃だったので、近くのコンビニで補給と時間を調整し、護衛艦見学。

本当は、素通りの予定だったのですが、護衛艦ひゅうが と護衛艦あたご が停泊していたので見学することにしました。詳しくは、別投稿で。
f:id:HIRO32C:20180618074113j:image

舞鶴地方隊北吸桟橋の見学を終え、舞鶴引揚記念館に足を運ぶこととしました。
f:id:HIRO32C:20180618074616j:image

ブルーラインの案内で舞鶴引揚記念館へ向かいます。
f:id:HIRO32C:20180618074157j:image

京都府道21号線沿いに赤レンガ記念館より約6kmほど。
f:id:HIRO32C:20180618074146j:image

舞鶴引揚記念館

f:id:HIRO32C:20180620083849j:plain

舞鶴クレインブリッジ


f:id:HIRO32C:20180618073942j:image

ロングライドの途中なので、舞鶴引揚記念館へは入館しませんでした。

自動車で来たときは、見学します。

舞鶴クレインブリッジを渡り、ぐるっと記念館に戻ってくるコースも楽しそうですね。

次はそうしよう。

f:id:HIRO32C:20180620083905j:plain


舞鶴引揚記念館からは、国道27号線へ戻りますが、大波下(おばした)の交差点から、舞鶴市朝来地区を通ります。
f:id:HIRO32C:20180618074347j:image

あじさいが美しいです。
f:id:HIRO32C:20180618074206j:image

青葉山ろく公園と舞鶴工業高等専門学校横を通り、国道27号へ向かいます。
f:id:HIRO32C:20180618073910j:image

このような趣のあるトンネルを通ります。
f:id:HIRO32C:20180618074604j:image

吉野トンネル

f:id:HIRO32C:20180618074527j:image

JR小浜線松尾寺駅がありました。
f:id:HIRO32C:20180618074555j:image

線路を渡り、国道27号線を走ります。
f:id:HIRO32C:20180618073906j:image

京都府舞鶴市から福井県高浜町

京都府福井県の境界に青葉トンネルがあり、これを越えるとようやく福井県高浜町です。

f:id:HIRO32C:20180618073918j:image

国道27号線を福井方面から京都舞鶴方面へ移動する自衛隊車両がとても多いのですが、何なんでしょうか?
f:id:HIRO32C:20180618074056j:image

福井県に入ると景色が変わりました。
f:id:HIRO32C:20180618074612j:image

海だ、砂浜だ!!
f:id:HIRO32C:20180618074210j:image

波がザバーン!!だ。
f:id:HIRO32C:20180618074844j:image

よし、福井は満足した!!ということで高浜市高浜付近で山間部へ進みます。

今回の折り返し地点です。
f:id:HIRO32C:20180618074150j:image

福井県道16号線を南進し、舞鶴若狭自動車道大飯高浜インターチェンジ横を通り、
f:id:HIRO32C:20180618073933j:image

おおい町佐分利地区へ。奥にきのこの森というのが見えます。
f:id:HIRO32C:20180618074249j:image

おおい町のグルグル橋(仮)を通る。

ここから見上げると、このような面白い物が見えます。名称がわからないのでグルグル橋(仮)と呼んでいます。f:id:HIRO32C:20180618073937j:image

このようなグルグルで、前々から気になっていたのです。

f:id:HIRO32C:20180620101511j:plain


佐分利大橋の交差点からグルグル橋(仮)へ進みましょう。
f:id:HIRO32C:20180618074523j:image

斜度は3~4%ほどで進みます。

舞鶴若狭自動車道をくぐります。
f:id:HIRO32C:20180618073922j:image
f:id:HIRO32C:20180618074127j:image

ループだ、構造が面白いぞ。
f:id:HIRO32C:20180618074338j:image
f:id:HIRO32C:20180618074504j:image
f:id:HIRO32C:20180618074620j:image

イメージとしては、しまなみ海道の橋へと上るアプローチ道の十倍ほどでしょうか。
f:id:HIRO32C:20180618073901j:image

脳内で、TV ろんぐらいだぁす! OP「ハートkm/h」を再生してみましょう。
f:id:HIRO32C:20180618074048j:image
f:id:HIRO32C:20180618074512j:image

通ってきた道を見下ろせます。
f:id:HIRO32C:20180618074141j:image
f:id:HIRO32C:20180618074314j:image

斜度4~5%ほどで、自動車やバイクには優しいですが、自転車には厳しいほどではありませんが、優しくはない斜度でしょう。
f:id:HIRO32C:20180618074109j:image

眺めているとローディーが3名上ってきますね。追い抜かれるかな。
f:id:HIRO32C:20180618074234j:image
f:id:HIRO32C:20180618074310j:image

橋の区間が終わり、峠道となります。

空が見えますね。
f:id:HIRO32C:20180618074305j:image

おおい町から小浜方面が見えているのでしょうか。
f:id:HIRO32C:20180618074218j:image

この辺りで正午過ぎでした、道路の整備工事が行われており、これからはもっと道が良くなるようです。
f:id:HIRO32C:20180618074322j:image

峠の天辺にトンネルがあります。

石山トンネルと書いてあるのでしょう。
f:id:HIRO32C:20180618074100j:image

佐分利大橋から石山トンネルまでのグルグル橋を含めた区間が、石山峠とSTRAVAに登録されていました。

石山トンネルを下りきれば、名田庄地区です。
f:id:HIRO32C:20180618074257j:image
f:id:HIRO32C:20180618074624j:image

 

名田庄口坂本の交差点で、国道162号線に合流しました。

京都方面へ進みます。
f:id:HIRO32C:20180618074537j:image

腹へったなぁ、疲れたなぁ、と思っていたら3kmほどで、道の駅名田庄に到着
f:id:HIRO32C:20180618074546j:image
f:id:HIRO32C:20180618074119j:image

蕎麦を食べます。

あったかい蕎麦が体に染みわたります。

f:id:HIRO32C:20180620083920j:plain

特産物の鹿の角

f:id:HIRO32C:20180620083928j:plain

f:id:HIRO32C:20180620083943j:plain

名物の熊を見学し。

f:id:HIRO32C:20180620083936j:plain

堀越峠を越え、京都:南丹市美山町

最後の難所 堀越峠を上ります。この峠は2度目なのでもうわかっているんです。

無理しない、頑張らない気持ちで黙々と上ればよいのです。


f:id:HIRO32C:20180618074226j:image


f:id:HIRO32C:20180618074533j:image


f:id:HIRO32C:20180618074508j:image
f:id:HIRO32C:20180618074551j:image
f:id:HIRO32C:20180618074318j:image

無理しない。

大型車両には気を付けましょう。
f:id:HIRO32C:20180618074253j:image

あっトンネルだ!天辺だ!と思ったら、違います。このトンネルはブラフです。
f:id:HIRO32C:20180618073929j:image

 この名田庄の看板を過ぎると。
f:id:HIRO32C:20180620073647j:image

山がとっても深いですね。斜度のことは考えずに黙々と上りましょう。
f:id:HIRO32C:20180620073619j:image


f:id:HIRO32C:20180620073628j:image

県境付近は工事をされています。

ありがとうございます。
f:id:HIRO32C:20180620073659j:image

斜度はきつくありません。
f:id:HIRO32C:20180620073623j:image

このトンネルが堀越峠ですね。かなり長いので、ちゃんとライトを点灯しましょう。
f:id:HIRO32C:20180620073705j:image


f:id:HIRO32C:20180620073714j:image

南丹市美山町からの帰路

京都府南丹市美山町です。
f:id:HIRO32C:20180620073636j:image

空が晴れ、気持ちの良い天気となりました。
f:id:HIRO32C:20180620073655j:image

棚野川沿いに南丹市美山町を走ります。
f:id:HIRO32C:20180620073615j:image

南丹市美山町から日吉町へ
f:id:HIRO32C:20180620073556j:image

南丹市園部町を通り、亀岡市へ。
f:id:HIRO32C:20180620073651j:image

この付近は亀岡市
f:id:HIRO32C:20180620073605j:image


f:id:HIRO32C:20180620073710j:image
f:id:HIRO32C:20180620073632j:image
f:id:HIRO32C:20180620073611j:image

亀岡市大阪府豊能郡能勢町の境界であるひいらぎ峠へと戻ってきました。

ここまで戻れば、帰ってきたなと思います。
f:id:HIRO32C:20180620073641j:image

 

おしまい

ほぼ行き当たりばったりの200kmオーバーのロングライドでしたが、はじめての峠もありましたが、過去に経験しているルートだったので、迷うことはありませんでした。

グルメにも立ち寄らず、とりあえず長い距離を走るのが目的だったので、達成感があります。

 

平均時速も26.2km/hと前回のライドの25km/hを上回ることができました。

昨年の200kmオーバーのライドの翌日は全身筋肉痛で動けなかったのですが、今回は肩が少しこった程度で、身体的に影響がなかったので、1年たって無駄の無いライドが出来ているんだと思いました。

 

福井県大飯郡おおい町の石山峠(グルグル橋)はぜひ、走ってみてください。

 

 

Check out 舞鶴へ行こう!ひゅうがとあたごとグルグル橋 on Relive! https://www.relive.cc/view/1641243856

夜トレ:ホタルとアライグマ

4月から平日帰宅後、週に1回か2階、1時間ほどナイトライドをしています。

ゴールデンウィーク阿蘇ライドを控えて、あんまりにも乗る機会が少なかったため、体力維持のために初めてみました。

 

最初はこのような50分18km程度のコースでした。

川西市の多田大橋から兵庫県道325号多田切畑線で、約5kmを20分間上り続けるので、ハアハアします。

そして宝塚市切畑から新名神沿いに猪名川町を通って戻ってくる周回コースです。

 

やはり続けていると楽しくなって、少し距離も延びました。

県道325号線で宝塚市切畑へ、その先西谷地区を経て、道の駅猪名川を通り、戻ってくる28kmの周回コースです。

で、6月になり、いつものように県道325号多田切畑線を上ってると、ふと川の方を見ると、ホタルが飛んでいるのが見えました。 

 

折角なので、日をあらため、ホタルをしてみようと、撮影したのもが、この写真。

f:id:HIRO32C:20180614075852j:plain

2枚目

f:id:HIRO32C:20180614075850j:plain

 うーーん、写っていません。

ライドの途中で簡単に撮影できるだろう、と軽く考えていたのですが、ホタルは難しいのですね。

 

この県道325号線多田切畑線の夜間ライドでは、アライグマが出没します。

ゴールデンウィーク以降ほぼ毎回出会います。

アライグマって向かって、ぎりぎりまで近づいてくるのですね。

その行動がラスカルたる所以だと思います。

でも、あんまりにも人にも車にも近づき過ぎてるので、誰か餌付けしてるんじゃないだろうか、と疑っています。

 

そんなナイトライドをたまに走る今日この頃。

 

ぶらり猪名川:阿古谷~大野山~山の駅

f:id:HIRO32C:20180613073833j:plain

はじまり 

梅雨がいよいよ始まりましたね。

週末の雨が降らないという予報の日だったので、昼過ぎまでの時間走りに行くことにしました。

新名神沿いの新しい道がどこに繋がっているのだろうと、走ってみました。鳴尾ゴルフクラブの入口まででした。

f:id:HIRO32C:20180613073216j:image

新名神川西インターチェンジ付近から猪名川町役場方面へ
f:id:HIRO32C:20180613073425j:image

普段通らないルートを走ろうとやってきた「柴合堂田(ゆだどうでん)」の交差点
f:id:HIRO32C:20180613073513j:image

 

ホタルで有名な阿古谷へ

春先より、週1程度ですが、平日帰宅後1時間ほどナイトライドをしています。

いつも県道325号多田切畑線を走るのですが、先日のナイトライドでホタルが飛んでいるのが見えました。

Googleマップのこの付近です。

なおもう少し上れば、アライグマが出没します。

 

 

ということで、猪名川町で阿古谷がホタルで有名だったな、ホタル繋がりで、阿古谷を走ってみることにしました。
f:id:HIRO32C:20180613073450j:image

なだらかな上りが続きます。

f:id:HIRO32C:20180613073207j:image

乗馬センターを過ぎ。
f:id:HIRO32C:20180613073247j:image

気持ちよく、プイーーンと走ります。
f:id:HIRO32C:20180613073230j:image

このルートは兵庫県道・大阪府道603号能勢猪名川線だそうです。
f:id:HIRO32C:20180613073412j:image

 

猪名川町上阿古谷を過ぎると峠へと至ります。
f:id:HIRO32C:20180613073212j:image

結構な峠ですが、名前を調べても見つかりません。
f:id:HIRO32C:20180613073302j:image


f:id:HIRO32C:20180613073429j:image

道路幅もあり、車の通行も少なく、良い峠です。
f:id:HIRO32C:20180613073315j:image
f:id:HIRO32C:20180613073503j:image
f:id:HIRO32C:20180613073156j:image

兵庫県猪名川町と、大阪府能勢町の境界です。
f:id:HIRO32C:20180613073353j:image

 能勢町へ下ります。f:id:HIRO32C:20180613073243j:image

 

能勢町へ下り、しばらく走ると再び峠があります。

ですが、斜度もそれほどなく、容易に上ることができました。

峠の上には稲荷神社がありました。


f:id:HIRO32C:20180613073339j:image
f:id:HIRO32C:20180613073419j:image
f:id:HIRO32C:20180613073343j:image

大阪府道603号線から府道602号線へ
f:id:HIRO32C:20180613073522j:image

ここまでは、国道173号線と並行して、北進していたのです。
f:id:HIRO32C:20180613073458j:image

府道602号線は、西へと進路を代え。
f:id:HIRO32C:20180613073507j:image

再び猪名川町へ。
f:id:HIRO32C:20180613073256j:image

巨大な関西電力 猪名川変電所の横を通り。
f:id:HIRO32C:20180613073433j:image

猪名川町杉生の交差点へと至りました。
f:id:HIRO32C:20180613073238j:image

 

猪名川町杉生から大野山へ

県道12号線で北へと進み西峠を越え、篠山市へ向かうことも考えましたが、県道507号線で大野山アルプスランドへ行くことにしました。
f:id:HIRO32C:20180613073321j:image

県道507号線でノンビリ走ります。大野山も3度目になります。ブログを始める前に上っているので4度目でした。

 

hiro32c.hatenablog.com

 

 

hiro32c.hatenablog.com

 

あの稜線に見える電波塔の麓が大野山アルプスランドなのです。
f:id:HIRO32C:20180613073311j:image

天気も良くなってきたぞ。
f:id:HIRO32C:20180613073327j:image

杉生の交差点から4km少しです。
f:id:HIRO32C:20180613073331j:image

ご夫婦らしいローディーが軽やかに下って来られました。
f:id:HIRO32C:20180613073151j:image

このような狭い道を上ります。ちなみに自動車は交互通行なのです。
f:id:HIRO32C:20180613073234j:image

ところどころ路面も悪いですが、車が後ろから来ない限り楽チンです。
f:id:HIRO32C:20180613073306j:image

いつの間にか2kmの上っていました。

最初は左手に谷を見て進むのですが、このように右手が谷になるとあと少しですね。
f:id:HIRO32C:20180613073518j:image

猪名川の源流です。
f:id:HIRO32C:20180613073406j:image
f:id:HIRO32C:20180613073202j:image

ここは大野山のMTBのトレイルコースの入口です。
f:id:HIRO32C:20180613073402j:image

前夜は大雨だったので、きっと誰もいないだろうと、思っていたのですが、結構な方々が居られますね。

テントもそこそこありますし、左手のグランドでは子供がキャッキャと遊んでいます。
f:id:HIRO32C:20180613073348j:image

大野山猪名川天文台到着

到着しました。猪名川天文台です。

f:id:HIRO32C:20180613073833j:plain

アジサイはまったく、色付いていません(苦笑)

f:id:HIRO32C:20180613073818j:plain

そこそこ晴れてきたかと思いましたが、曇天です。

六甲山方面を眺めます。

f:id:HIRO32C:20180613073804j:plain

天文台の上り口のアジサイは少し色付いていました。

猪名川天文台で運営の手伝いをされている知り合いの方が居られるのですが、気軽に訪れることができるキャンプ場として、そこそこ人気なのですが、無料故、駐車場が限られているので、これからの時期混雑で大変になるそうです。

今回はまったく自動車に出会うことがありませんでしたが、これからの時期はアジサイでも有名なので、スムーズには上れないかもしれませんね。
f:id:HIRO32C:20180613073439j:image

大野山アルプスランドを下ります。

岩めぐりの案内がありました。トレッキングコースとしても有名です。
f:id:HIRO32C:20180613073252j:image
f:id:HIRO32C:20180613073444j:image

おしまい

ということで、4度目の大野山に満足したので(昼からの予定もあったので)、帰ることにしました。

道の駅猪名川近くのエマコーヒーも考えましたが、今日は山の駅で地元野菜のランチをいただきました。

f:id:HIRO32C:20180613073911j:plain

 

50km少しのショートライドでしたが、大野山は上り応えがあります。

アルプスランドの麓から43分掛かっていますが、stravaの記録だと、23分で上られているのですね。すごい人はすごいですね。

猪名川町阿古谷には、ロードバイクで行ける林道があるようです。このようなルートを紹介されると、グラベルロードが欲しくなってしまいます。

nekotani.blog.fc2.com

 あと、「くろまんぷ」近くも通っているんですね、次は寄ってみよう。

www.town.inagawa.lg.jp

 

 

京都のローディーはすごい!!:佐々里峠~花背峠~鞍馬・貴船神社

f:id:HIRO32C:20180605075555j:plain

  • はじまり
  • 目的は決めていないがとりあえず南丹市美山まで
  • 美山かやぶきの里から佐々里峠を目指す
  • いよいよ佐々里峠
  • 佐々里峠(標高735m)到着
  • 花背峠(標高769m)到着
  • 鞍馬・貴船神社
  • 上賀茂~河原町通り~鴨川CR~さくらであい館~淀川CR・枚方まで
  • らーめんキラメキノトリ
  • まとめ

 

はじまり

我が子が所属するチームの試合が、枚方市の某有名高等学校で午後4時からあるというので、じゃあ現地まで先にロードで行くね。と出発したのが、午前6時。

目的地を定めず、とりあえず川西市一庫ダム沿いの県道604号線(北摂里山街道)を北上します。

ロングライドは、ゴールデンウィーク阿蘇やまなみハイウェイ以来なので久しぶりです。

 

hiro32c.hatenablog.com

続きを読む