ロングライドいったきり

話し出したら長くなるのですが、近くの自転車屋さんが閉店してしまってしょうがないので、自分で修理を始めたら、意外とできるやん!!からロードバイクに手を出してしまいました。あ、簡単に書けた。。。

吉野:林道吉野槙尾線から吉野山・地蔵峠

この日の早朝、激しく雨が降っていたため、2度寝。

午前10時頃に出発しました。

f:id:HIRO32C:20190709073155j:image

前日に続き、吉野郡下市町広橋にある法者トンネルを越えます。
f:id:HIRO32C:20190709072853j:image

雨上がりの独特の雰囲気が気持ち良いですね。
f:id:HIRO32C:20190709073327j:image

続きを読む

奈良・吉野:3度目の小南峠を越え、天川村へ

吉野の実家で、親戚の法事があり帰省していたのですが、午後3時前には法事が終わり帰宅しましたので、「ちょっくら天川村まで、小南峠を上ってくるわ」と出かけることにしました。

小南峠は、2度上っています。

 

hiro32c.hatenablog.com

hiro32c.hatenablog.com

 

小南峠 - Wikipedia

天川村の洞川(どろがわ)は大峯山山上ヶ岳への登山口であり夏期には門前町として古くから賑わっていた。参詣道として江戸時代からある山上街道は広橋峠で丹生・天川街道から別れ、法者峠、読市峠、小南峠を越えて洞川へ至る最短ルートであった。元々は修験者が山上ヶ岳からの帰路に利用することが多かったというが、洞川と黒滝、下市を結ぶ生活道として使われていた。その山上街道の最難所が小南峠であった。

続きを読む

ismのサドルの良いところ、良くないところ。

  • はじめに
  • ism PR1.0
  • ism PR2.0
  • ism PM2.0
  • ADAMO Brealaway
  • ism PL1.1
  • 現在のまとめ
  • 追記:良いところ、良くないところ
    • ★良いところ
      • とにかく痛くない!!
    • ★良くないところ
      • 1)後部フックが邪魔
      • 2)重量が重いのかな。。。
      • 3)お高い

 

はじめに

1年と少し前に書いた「ismはいいぞ!!サドルの話」の記事が、このブログの注目記事として、常にアクセスがあります。 hiro32c.hatenablog.com

 

サドルに困っておられる方がやはり多いようで、ism サドルをググると3番目にヒットします。f:id:HIRO32C:20190704162424p:plain


自分に合ったサドルを探し続けて、彷徨うことをサドル沼とも呼ぶようですが、ismのサドルにしておけば全て解決と常々思っているので、サドル沼については、鼻で笑い飛ばしていたのですよ!!へへん!!

続きを読む

吉野・大峰林道 黒滝村からのアプローチ

吉野大峰林道ですが、ヒルクライムも行われる著名な林道になりつつあります。

約2年前に自走で、大阪を越え、明日香を越え、吉野山から走りました。 

hiro32c.hatenablog.com

 

実家に奉仕作業で、帰省したところ少し時間があったので、黒滝村から吉野大峰林道をめざしました。

続きを読む

TIME Fluidity:大野山アルプスランド~自転車工房エコーへ

f:id:HIRO32C:20190627074354j:plain

前回のライドから2週間。

近場をめぐってきました。

ちょっと左ひざが痛くなっていたので、静養していました。

続きを読む

2019-06瀬戸内:#05 大三島からしまなみ海道で尾道まで

岡村島の岡村港からは、メジャーなルートなので、あっさりと。

15:30発 大三島宗方港行きに乗船です。

f:id:HIRO32C:20190618183021j:image

ロードバイクは、8台。自動二輪車は4台。自動車は2台だったかな。
f:id:HIRO32C:20190618182726j:image

あっという間に、出航です。
f:id:HIRO32C:20190618182744j:image

大崎上島の木江地区にあるホテルが見えます。
f:id:HIRO32C:20190618183046j:image

あっさり30分で、大三島に到着。
f:id:HIRO32C:20190618182748j:image
f:id:HIRO32C:20190618182951j:image

写真を数枚撮って、振り返ると、フェリーは岸壁から離れていました。せっかちですね。
f:id:HIRO32C:20190618182650j:image

尾道から今治までのしまなみ海道では、大三島は数キロしか通過しませんよね。

未体験区間です。
f:id:HIRO32C:20190618182833j:image
f:id:HIRO32C:20190618182641j:image

大三島環状線 県道51号線で、北へ。

大山祇神社へお参りすることにします。
f:id:HIRO32C:20190618182756j:image

海岸線の上りで、フェリーが去って行くのが見えました。
f:id:HIRO32C:20190618182654j:image

ところミュージアム大三島
f:id:HIRO32C:20190618182714j:image

下っては
f:id:HIRO32C:20190618182624j:image

上り
f:id:HIRO32C:20190618182811j:image

結構ハードですね。このルート
f:id:HIRO32C:20190618182616j:image

海岸線は楽しいですね。
f:id:HIRO32C:20190618182836j:image

f:id:HIRO32C:20190618182658j:image

大山祇神社に到着。

ちゃんとした屋根付きの駐輪場が準備されています。
f:id:HIRO32C:20190618182638j:image

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)って読めなかったのですけどね。
f:id:HIRO32C:20190618182815j:image
f:id:HIRO32C:20190618183038j:image
f:id:HIRO32C:20190618182959j:image

旅の安全を祈願しました。

旅も終わりに近づいていますが、、、
f:id:HIRO32C:20190618182807j:image

大三島最後の上りです。
f:id:HIRO32C:20190618182752j:image
f:id:HIRO32C:20190618182925j:image
f:id:HIRO32C:20190618182710j:image
f:id:HIRO32C:20190618182849j:image

多々羅大橋が見えたときはうれしかったですね。
f:id:HIRO32C:20190618182929j:image
サイクリストの聖地で写真を撮ってもらいました。
f:id:HIRO32C:20190618183033j:image

100%しぼりたてみかんジュースを自宅配送します。
f:id:HIRO32C:20190618182829j:image

もうここからは、有名なルートなので解説不要ですね。
f:id:HIRO32C:20190618182819j:image

多々羅大橋
f:id:HIRO32C:20190618182730j:image

多々羅大橋中央が県境です。
f:id:HIRO32C:20190618182840j:image
f:id:HIRO32C:20190618182723j:image

生口島
f:id:HIRO32C:20190618182645j:image
f:id:HIRO32C:20190618182920j:image
f:id:HIRO32C:20190618183018j:image

有名なドルチェに到着。
f:id:HIRO32C:20190618182857j:image
f:id:HIRO32C:20190618182853j:image

CLOSEで涙をのむ。

まあ、来たから寄ったのですが、別に食べたくなんかなかったもん。。。。
f:id:HIRO32C:20190618182803j:image

この後、何故か速度が上がりました。。。
f:id:HIRO32C:20190618182905j:image
生口橋を渡り因島
f:id:HIRO32C:20190618182955j:image

午後6時近くでした。
f:id:HIRO32C:20190618183004j:image

因島ではどこにも立ち寄らず。
f:id:HIRO32C:20190618183041j:image
f:id:HIRO32C:20190618182937j:image
f:id:HIRO32C:20190618182844j:image

因島大橋を渡ります。
f:id:HIRO32C:20190618182933j:image
f:id:HIRO32C:20190618182629j:image

しまなみ海道と言えば因島大橋ですね。
f:id:HIRO32C:20190618183025j:image

向島へ、この時間だとロードバイクに乗っておられる方は少ないですね。
f:id:HIRO32C:20190618182825j:image
f:id:HIRO32C:20190618182916j:image
f:id:HIRO32C:20190618182740j:image
f:id:HIRO32C:20190618182633j:image
f:id:HIRO32C:20190618182734j:image

尾道行き、渡船乗り場に到着
f:id:HIRO32C:20190618182912j:image
f:id:HIRO32C:20190618182947j:image
f:id:HIRO32C:20190618182620j:image
f:id:HIRO32C:20190618183029j:image

スタート地点に到着。
f:id:HIRO32C:20190618182901j:image

今回のルートはこのようになりました。

Onomichi-U2に宿泊しました。このように持ち込めるのです。
f:id:HIRO32C:20190618182705j:image

2019-06瀬戸内:#04 大崎下島・御手洗と岡村島一周

大崎上島 明石港から大崎下島 小長港へf:id:HIRO32C:20190613073144j:image

15分の船旅です。
f:id:HIRO32C:20190613073211j:image

大崎下島 小長港到着
f:id:HIRO32C:20190613073147j:image

御手洗(町並み保存地区)は、すぐの距離
f:id:HIRO32C:20190613073104j:image
f:id:HIRO32C:20190613073050j:image
f:id:HIRO32C:20190613073222j:image

御手洗(町並み保存地区)到着
f:id:HIRO32C:20190613073119j:image

 

一昨年、ここへ来たのですが、暴風雨の合間に来ただけでしたので、ゆっくり観光することができませんでした。

今回はじっくり散策します。 

hiro32c.hatenablog.com
f:id:HIRO32C:20190613073303j:image
f:id:HIRO32C:20190613073240j:image

アニメたまゆらにも登場した時計店
f:id:HIRO32C:20190613073320j:image
f:id:HIRO32C:20190613073244j:image
f:id:HIRO32C:20190613073057j:image

同じく、たまゆら桜田真音が朗読会を行った乙女座
f:id:HIRO32C:20190613073218j:image
f:id:HIRO32C:20190613073153j:image
f:id:HIRO32C:20190613073054j:image
f:id:HIRO32C:20190613073233j:image

一通り、町並み保存地区を見学して、灯台でボケッと辺りを眺めていました。

f:id:HIRO32C:20190613073225j:image

f:id:HIRO32C:20190613073200j:image

閑月庵新豊でランチタイムf:id:HIRO32C:20190613073115j:image
f:id:HIRO32C:20190613073255j:image

地元で水揚げされた魚が使われたまかない丼
f:id:HIRO32C:20190613073228j:image

f:id:HIRO32C:20190613073045j:image

御手洗から岡村島の岡村港を目指します。

f:id:HIRO32C:20190613073259j:image
f:id:HIRO32C:20190613073100j:image
f:id:HIRO32C:20190613073140j:image
f:id:HIRO32C:20190613073323j:image
f:id:HIRO32C:20190613073122j:image
f:id:HIRO32C:20190613073150j:image

広島県愛媛県の県境
f:id:HIRO32C:20190613073247j:image

橋の上から、漁船が漁の網を仕掛けているのを見ていたのですが、上手に船を操作するのですね。

f:id:HIRO32C:20190613073215j:image

岡村島に到着
f:id:HIRO32C:20190613073132j:image
f:id:HIRO32C:20190613073207j:image

岡村港に到着。

大三島宗方港行きのフェリーの出航まで1時間ありました。

f:id:HIRO32C:20190613073157j:plain

せっかくなので、岡村島を一周することにしました。
f:id:HIRO32C:20190613073309j:image
f:id:HIRO32C:20190613073136j:image
f:id:HIRO32C:20190613073315j:image
f:id:HIRO32C:20190613073112j:image
f:id:HIRO32C:20190613073237j:image
f:id:HIRO32C:20190613073328j:image

先ほど大崎下島から渡ってきた橋をくぐります。
f:id:HIRO32C:20190613073252j:image
f:id:HIRO32C:20190613073109j:image

20分少しで一周することができました。

f:id:HIRO32C:20190613073125j:plain

ここから、大三島へ渡るのです。