ロングライドいったきり

DIYから始まった、バイクの記録です。

オーメストグランデ<ミュウメ>:Di2stats データ表示

f:id:HIRO32C:20170711172955j:plain

 

オーメストグランデ<ミュウメ>を電動アルテグラで構成していますが、サイクルコンピュータは、Garmin edge510を使用しています。

そういえは、edge510の設定項目にDi2というのがあって、変速情報を表示させることができる。と何かで読んだことがありましたので、チャレンジしてみました。

 

検索すると、やはり先人が試しておられます。下記の記事を参考にさせていただきました。

橋輪 : di2stats - livedoor Blog(ブログ)

 先日のライドでは、Di2をedge510をリンクさせておきましたので、なんらかのデータが得られるはずです。

 

 ガーミンコネクトから、データをエクスポートします。

f:id:HIRO32C:20170711172945j:plain

 

FITファイルがダウンロードされます。

 

データを表示させるためには、di2stats.comというサイトを利用します。

アカウントを作成します。

ユーザー名とパスワードを入力。

f:id:HIRO32C:20170711172959j:plain

 

ログイン画面です。【Import Ride】をクリック。

f:id:HIRO32C:20170711173042j:plain

 

先ほどダウンロードしたFITファイルを取り込みます。

f:id:HIRO32C:20170711173047j:plain

 

この様なデータが表示されます。

Total shifts 1157

Front shifts 41

Rear shifts 1116

Distance 114.14km

などなどが、表示されていますね。

f:id:HIRO32C:20170711173054j:plain

情報に注釈をつけるとこのようになるかな。

f:id:HIRO32C:20170711172939j:plain

 

【Time (% shown - hover for raw time in seconds)】

ここでは、ギアの割合が表示されています。

52T-36Tのセミコンパクトクランクを使用していますが、情報は、53T-38Tとなっています。

どこかで、情報をインプットする必要があります。

フロントのローギアでは、9枚しか情報がありません。

シンクロシフトなので、変速しないギアがあるので当然ですね。

【Shifting timeline - chainrings only (gaps in the timeline represent time paused)】

円グラフの下部には、時間経過ごとのフロントのトップギアとローギアの使用状況がバーグラフで掲載されています。

f:id:HIRO32C:20170711173108j:plain

【Shifting timeline - all gears (gaps in the timeline represent time paused)】

こちらは、さらに細かいギア毎の使用状況が、時間経過でわかるようになっています。

これは、この坂を登っているんだな、ここは下りだったなぁ。などなど一目でわかります。

f:id:HIRO32C:20170711173114j:plain

【Raw Data ( sort by gear inches )

こちらは、各ギアの使用頻度を数値化したものです。

f:id:HIRO32C:20170711173153j:plain

【RawLap Data】

ラップデータも取得できます。

ロングライドなので、周回データは必要ありませんが、競技をされている方は、役に立つと思います。

その下に、

【Raw Stop Data】

スタートからどの距離で立ち止まり、何秒休憩したのかが、計測されています。

78.15km地点で、3,288秒(約55分)昼食休憩したこととが、わかりますね。

f:id:HIRO32C:20170711173156j:plain

【Crop Ride】

細かい変速情報が掲載されています。

グラフの情報をみたい場所へスライダーを移動させ、「Crop」ボタンを押すと、その地点での情報を見ることができます。(距離、時間、高度、シフト回数、使用ギアの割合など。)

f:id:HIRO32C:20170711173203j:plain

【view shift map】

シフト情報を地図上に表示しています。

地図は、日本語地図を使用しており、拡大・縮小も可能です。

見てて楽しいですね。

f:id:HIRO32C:20170711173200j:plain

 

このように、Di2をGarmin edgeとリンクすれば、詳細なシフトのみならず、ライドの情報を手に入れることができるので、のんびり長距離を乗りたい方は、旅の記憶に、競技されている方は、データの分析に使用できます。

パワーメーター・ケイデンスセンサー・ハートレートモニターを導入すれば、さらに情報が増えますね。

すごい記録が残りますね。楽しいです。